ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

イノシシのねぐら

0

    先日から家の周囲の草刈をしています。

    と同時に、周辺で熊の目撃情報が多いので栗の木を伐採しました。

    ところが、

    その栗の木の下に、イノシシの寝た巣のような場所が四ヶ所見つかりました。

    この穴で栗が落ちるのを待っているのでしょう。

    広島から通う私が彼らに勝てる見込みもないので、あきらめもつきます。

    が、

    今日の話の中で、片山の川に魚が見えないとの噂があるようです。

    片山の川は清流でしたので、ヤマメやハヤなど清流の魚が暮らしていましたが、最近の泥水のためでしょうかその姿が消えているとのことです。

    熊は脅威そのものですが、ハヤ、ヤマメ、ホタルなどは小さい時からの想い出でもあり、私にとっては熊より数倍大切な生き物です。が、生態系が壊れているようです

     

    一応体裁として自然保護は叫ばれていますが、その在り方についてはあまり納得できるものでもありません。

    今後も、私の山では熊のエサとなる木や植物はどんどん伐採しようと思っています。

     

    特に、

    私個人的には、

     

    私の事務所を訪問していただく方、自分の家族やスタッフ、集落で暮らす人の安全が最優先ですし、あの川の泥水と比較すれば、私の伐採など可愛いものです。

    柿の木は全て伐採していますので、

    餌がなくなれば熊も都会移住を決断すると思います。

    そうそう、

    田舎に柿の木が多いのは、柿の木は根が深いので土砂災害防止の役目も担い水田を守っていたのです。同じく根が深い桜が土手に多いのと同じでしょう。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

    島根県吉賀町「彼岸花祭り」

    0

         島根県吉賀町(六日市)彼岸花祭り

          会場入り口の「彼岸花祭り」看板 

             「彼岸花」満開!!

         日本で咲いている「4色彼岸花」

       吉賀町で咲いている桃色の花「名前が分からない

      吉賀町(六日町)彼岸花祭り

      9月25日、暇Gさん吉賀町(六日町)彼岸花祭りに行く、毎年、参加しているので楽しみに参加。別に変わった 事もなく良く管理されている!!写真を撮って帰りブログに入力する。開いてご覧下さい

      tatuemon

      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

      てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

      新しいスタイルに

      0

        社会ではこのコロナ下において、新しい生活スタイルにと言われます。ドラゴン事務所も、たった三人の小さな事務所ですが新しいスタイルが始まりました。

        たった三人ですから、大手企業のテレワークとは手法も考え方も異なりますが、それなりに頑張っています。

        大きく異なることは、

        ドラゴン事務所の考え方は、

        「それぞれが経営者であり、経理であり、営業であり作業員である」と言うものです。この方法は、お互いが強い信頼関係のもとに成り立っていますので、すぐに構築できるというものではありませんが、挑戦してみてください。

        経費は少なくて済みます。

        さらにドラゴン事務所の場合、仕事以外でも助け合います。

        これは昨日の私の写真ですが、もう若くもないので少しぼかしました。

        昨日は佐伯町で打ち合わせがあったので、一緒に来ていたスタッフが写してくれたものです。メタボなお腹が映らないようにと、それなりに工夫しながら写していました。

        今後は、

        田舎の仕事も私なりに楽しもうと考えています。。。この場所はイノシシ、クマ、サルなどの出没が多く、作物(農業)はまったくできませんが、そのうちに新しい楽しみ方も見つかると思いますので少しずつ変化していきます。

        先日も草刈をしていたら、イノシシの巣穴が四か所みつかりました。

         

        今日はまた障害のある息子と帰ります。

        ドラゴン

        一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

        てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

        9月の月

        0

          この写真は数年前の9月に撮った広島の月です。

          場所は祇園大橋の上からです。撮影していると、小学生の子供二人がお母さんと来て大はしゃぎをしていました。

          想い出に残る一枚です。

          現在のコロナ感染者数は、

          山口県の感染者数  5名

          広島県の感染者数 27名

          感染者数がコロコロと変わりますが、それは早くに退院されていることを示す数字です。だいたい2週間でしょうか、コロナ感染の治療法も少し確立されたのでしょう。

          このように医療現場においては日々進歩しているようです。

          が、それにも益して感染者がいることは、感染防止において、政府政策や人々の理解度に少し遅れがあるように思えます。

          政策においては、

          感染状況は示されますが、感染回避の手段としては具体的な情報は示されていません。よく考えれば、たった二週間ですから、その二週間を我慢すれば回避できることなのでしょう。

          さて、

          将来の為に二週間我慢するか、今の二週間を楽しむかにおいてはあなた自身の判断です。それは、「食事に行くな」という事ではなく、食事するときの姿勢ですが、相変わらず大声で自己主張をされている方は少なくありません。

          し、席の配置に工夫しているお店は少ない様に思えます。

          広島県も、

          感染者27人のうち、十数人はそうしたことによるものとも思えます。

          その先にさらに不安定な経済が待っていることを認識しましょう。

           

          6月末からの感染拡大により、とくに8月以降の経済が不安定ですから、GoToを起爆剤にと政府も焦りの様相ですが、私たち一人一人が、7月前半の2週間を浮かれることなく過ごしていたら、今頃もう少し経済も安定していると思えます。

           

          少し落ち着きましょう。

          ドラゴン

          一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

          てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

          草刈の一日

          0

            引っ越しやなんやかや、忙しかった夏も過ぎて気が付けばお彼岸です。

            背丈ほどもある雑草を刈るには一人では無理と感じ、立岩の友人に助けを求めて今日は草刈です。

            早いし綺麗だしドラゴンとはかなり違います。

            道路からの道も綺麗になりました。感謝感謝です。

            これで仕事に気合も入ります。

            そして、

            最近あちこちでクマ出没の話を聞きます。立岩の大型開発の影響があるとも思えますので、栗の木など家の近くの実のなる木も伐採しました。

            私の家の周囲には食べられるものはなくなりましたが、イノシシがミョウガを根こそぎ掘っています。このイノシシの追い出しの手立てを考え中です。

             

            ドラゴンの阿賀サテライトオフィスはこれからが本番、動けるかぎり頑張ります。

            ドラゴン

            一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

            てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

            ダンススクール稲刈り体験

            0

                 阿賀営農組合のトラクターで5月代搔き作業

                5月に初めての田植え広島・岩国 ダンススクール

                  9月20日稲刈り体験 稲穂 実る

                「阿賀営農組合」のコンバインで雑穀 収穫

               

              この程 地域活性化に当組合の主催で岩国・広島ダンス・スクール「HASS-FNT(ハスエンターテイメント) ホームページURLhttp://hass-ent.com/と地元のチビッ子と一緒に田植え体験をして地元の大勢の人の声援で好評でした。地元 美和西小学校の行広心花(10歳)は田圃に初めて裸足で入り苗を持って泥んこ田圃に倒れ泥まみれで、大変だった?が楽しかったですと笑っていた。5月に田植えをして管理組合で施肥・病害虫の予防し広島・岩国 ダンス スクール9月20日稲刈をする。今年は「トビヒロウンカ」が近年ではなく大発生それに「いもち病」が、つき豊作ではなく残念でしたが稲刈・雑穀・完了しました。続いて稲作に挑戦してください。お待ちしております。

              tatuemon

              一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

              ふるさと通信 | permalink | - | - | - | -

              社会の状況から

              0

                今日のドラゴンは広島です。

                カメラの備品や新しいシステムの構築、片山の家のことなどほぼ一日中心街で用事をしていました。

                その途中の会話ですが、

                これからお店がバタバタと閉店や倒産しそうだと聞きます。先日も大阪から「多くの旅館が瀕死の重傷、この十月が山場ですね」とのお話です。

                確実なものではありませんが、かなり厳しい状況にあることは確かなようです。

                その原因は新型コロナですが、

                 

                広島県の感染者11名  死亡累計3名

                山口県の感染者23名  死亡累計1名

                が18日現在の数字です。

                 

                意外と少ない数字ですが、これはコロナへの対応が理解され、早期治療が行われている結果でしょう。

                 

                東京は蔓延状況のようですが、その中でも東京をGOTOに加えるのは、コロナより破産倒産自殺のほうが怖いからだと考えます。

                つまり、経済政策が八方ふさがり状態の国や自治体、その頼みの綱なのでしょう。

                とは言え、

                地方としては、せっかく落ち着いてきたコロナが再燃焼する可能性もあります。しかし事態は、そうした危険を冒してまで、経済を優先しなければならないほど切迫していると感じます。

                それは、

                最初のコロナ感染での自粛緩和の失敗、政策の緩みだと思います。

                 

                特に、

                 

                若者たちが街に繰り出しコロナを培養した結果ですが、万が一今後破産倒産ラッシュともなれば、その若者たちの行き場が無くなることも考えましょう。

                現況からすれば、その様相は極めて濃い状態のようです。

                現在の若者は、

                こと細かくかみ砕いて説明しなければ手法が理解できないのです。都知事や政府分科会の「現在第三段階」などのプラカード説明では行動が抑止できません。その意味では情報開示の不足でしょう。

                意外と広島が少ないのは、一次流行期に大学生などが感染拡大させ、現状では大学がピリピリと対応されているためと思えます。

                 

                もう一度よく考えましょう。

                コロナウィルスは人間が培養皿なのです

                 

                そうした中でのGOTO緩和ですが、地方の対応方法としては、

                 

                医療現場において、怪しいと感じた場合即座にPCR検査に、ここを迷えば拡大重症化につながります。また、自分でもおかしいと感じたら即PCR検査に、そうして早く治療を開始すれば早期完治、重症化する危険も回避できます。

                 

                一次流行期の重症化患者の多い要因は、ダラダラと検査を引き伸ばしたことに原因があるかも分かりません。

                今後冬に向かい、風邪かコロナか分からない場合も想定できますが、とにかく早く検査をしてください。そして早期発見早期治療それが活性化への近道ともなります。

                ワクチンを待つより、治療法を確立することが早いとも思えますし重要だと思います。早期発見早期治療が確実に行われればそう怖がることも無いように感じています。が、問題は今でも検査が遅れていることです。

                 

                ただ東京追加については分科会は賛成でもないようですが、政府の勇み足となるかどうか、それをテレビ報道で煽っているのはテレビ局の事情だと思えます。

                ドラゴン

                一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                100歳以上8万人を超える

                0

                  令和2年(2020年80450人グラフ100歳以上

                  美和町阿賀地域には100歳に近い人イッパイ超えた人0

                  国内の100歳以上の高齢者の数は、「老人の日」の15日時点で80450人と、初めて8万人を超える。このうち女性は、70950人と、全体の88%を占めた。前年同時期から9176人増え、1971年(339人)以来、50年連続で過去最多を更新した。今回は新たに100歳となる1920年 生まれが他の年に比べて多かった。日本の総人口約1億2593万人の0.06が100歳以上。国内最高齢者は福岡県の女性 田中カネさん117歳。男性は奈良県の上田幹蔵さん110歳です。因みに各県の100歳以上の高齢者の順位、山口県は第4位1365人内(岩国市151人)長寿県です。素晴らしい!!マメで頑張りましょう!!

                  一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                  - | permalink | comments(2) | - | - | -

                  石亀さんこんにちは。

                  0

                     

                     岩国市美和町阿賀郷自治会 道路に出た石亀

                              体長 25 

                          ネットの石亀 画像

                    先日 雨の中阿賀 郷自治会 寿美屋の 道路工事中の道路に泥モグレの動く物がいる。自動車確認からカメラを持って降り動作が鈍いので写真を撮る。よく見ると田圃から出て来た泥モグレの石亀でした。川に住んでいる亀さん何十年ぶりの対面で懐かしかった。約70年昔は石亀がイッパイいた。石亀が喰いつたら雷が鳴らないと離さないと言われて恐れていた想い出が翻る。

                    tatuemon

                    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                    ふるさと通信 | permalink | - | - | - | -

                    4回目トビヒロウン駆除

                    0

                         中国地方 トビヒロウンカ大発生 駆除

                         方々ウンカで枯れて農家の皆さん困った?

                       

                       ネットの画像 成虫  雌だろうか?わからない?

                       ネットの画像 成虫 雄だろうか?分からない?

                      東南アジア諸国〜気流に乗って招き去る ウンカの大群

                         3回目(営農組合)のトビヒロウンカ 駆除

                       

                       完全駆除出来ず4回目 倅が 粉剤で駆除?

                      昨年も今年も「トビヒロウンカ」が大発生8月末2回防除したが駆除できず「阿賀営農組合」3回目の駆除の手配、台風10号と重なり去ってからの駆除計画案?大不安?トビイロウンカは日本で孵化いたせず毎年この時期に東南アジア諸国から下層ジェット気流に乗って飛来している。油断大敵の1兮らずの害虫です。享保17年(1732年)昔下畑地域に大発生約300人が餓死した記録・記念碑・墓が下畑の東大寺に建立されている。昔は駆除・防除する事が出来なかった。昭和 戦後 石油を田圃に蒔き防除する方法が開発され安心して又数10年前より農薬散布で安心していたがチョット油断すると大被害、今年は何とか駆除出来れば心痛の種です。先日

                      山口県農林水産事務所にお願いし3回目の駆除して診て頂く台風の余波あり完全駆除は?台風去りJA〜ウンカの駆除粉剤を購入して倅が4回目の駆除を夕方暗くなるまでやって呉れるこれが最後の駆除です。水和剤は効かない 粉剤良いとの話だが?教えて下さい。

                      tatuemon

                      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                      ふるさと通信 | permalink | - | - | - | -