ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

コロナ健康情報

0

    今日は土曜日、おまけにコロナ、と仕事が無いのでコロナ情報を集めてみました。

    凡その数字ですが、

    国別感染者では、

    アメリカ約9万7千人、死者1,400人

    中国約8万1千人、死者3,300人

    イタリア約8万人、死者9,900人

    スペイン約5万6千人、死者4,800人

    ドイツ約4万人、死者200人

    イラン約2万9千人、死者2,300人

    フランス約2万9千人、死者1,900人

    イギリス約1万4千人、死者758人

    スイス約1万人、死者200人

    日本約1,500人、死者52人

    刻々と変化していますが、こんな数字です。

    気になるのはドイツの数字です。

    日本が4万人となれば、死者数はおよそ1,500人となります。

     

    なぜドイツが低いか、それは徹底した早期発見にあるようです。アメリカも感染者数は多いのですが、死亡比率は日本の約半分となります。

    感染者死亡比率では、一位ドイツ 二位スイス、三位アメリカ、そして日本となるようです。日本の場合、国民の努力頑張りでなんとか凌いでいますが、医療政策としてはまだまだで、ドイツと比較すればかなり劣っているようです。

     

    インフルエンザでも、早期発見であれば一日で治るとも言われます。しかし、現在の日本は4日程度の観察期間が入りますし、医療機関でも検査より風邪として処理されることが多いようです。

    やましろまで来ないことが理想ですが、

    万が一の場合ちゅうちょすることなく検査をお願いしましょう。

    やましろは特に高齢化の進行している地域ですので、早目の対応が必須となります。

    明日はまた片山に帰ります。

    日本は安倍総理の指揮下で頑張っていますが、もう少し頑張って「安心、安全、清潔」とする「日本ブランド」を守りましょう。それが次世代若者たちの日本経済を支えます。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

    気を引き締めてコロナ対応を

    0

      テレビ報道番組では「恐れることはない、若者は大丈夫」などと非常に楽観視した報道をしていますが。

      アメリカの感染者、イタリアの感染者、中国の感染者は各国ともすでに8万人を越えました。

      死者もかなりの数になることが予測されます。

      それは、

      この数字になれば医療環境が崩壊するためです。コロナには薬が無いので、重症化した患者の救いは人口呼吸器だけですが、人工呼吸器は非常に数が少ないのです。

      そのため、多くの重症患者は傍で見ているだけとなります。

      大変恐ろしいことですが、民放報道では繰り返し「恐れることはない」と報道し、コロナ終息より経済対策ばかりを報道しています。

      東京都知事も、

      安倍首相も、大変真剣に取り組まれているのですが、民放と野党議員が邪魔をされているようにしか思えません。

      例えば、

      いま経済政策を打ち出されても、ザルにお酒(税金)を注ぐようなもの、高速道路を無料化されてもコロナには来てほしくないが本音です。たとえ消費税が0になったとしても、コロナの危険がある場所には買い物にも食事にも行きません。

      とりあえずは、

      この時期の経済対策としては倒産防止、コロナ終息後には早い時期に立ち直れるように頑張りましょう。政府にはその応援をしていただきたいと願います。私たちはクラスター(バラまき)とならないように心掛けましょう。

       

      少し強行でも早い時期のコロナ終息が望まれます。教育現場もあせりがあるようですが、山代地域も高齢者の多い地域ですから用心の上に用心が必要です。

      いつまでも、ご高齢(私も)の方の素敵な笑顔が見られるように気を引き締めて対応しましょう。

      私の母親も今年の7月で99歳となります。

      いまコロナなんかで死なすわけにはいきません。

      イタリアの北部など、コロナが収まったとしても、お年寄りの顔が消え寂しい町となっていると思います。

      とにかく、民放の報道番組には軽はずみな言動は控えていただきたいと願います。

      若者も自分だけではなく、日本には日本のルール、その地方には地方の秩序があるのです。細心の注意をして、その上での感染は仕方ないとしても、自分の注意不足(不注意)で誰かが亡くなれば、自分の社会性も失うことになりかねます。

       

      阿賀ふれあいセンターも一日も早くコロナが終息し、皆さまの笑顔が見たいとお持ちしております。

      ドラゴンの毒舌も早くコロナを終息させるためとご理解ください。

      ドラゴン

      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

      てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

      山口市も広島市にもコロナがでました。

      0

        コロナ感染はしかたないとしても、医療機関、本人の注意危機意識の少ないことに少しビックリです。

         

        日本は安全ではありません。

        テレビ放送では、ドイツでは20000人で死者100人程度と言っていますが、日本の割合でいけば24000人で860人ぐらいになります。

        さらに、

        爆発感染となれば人工呼吸器が足りなくなりますので、死者数(比率も)はかなり上昇すると考えましょう。

        関係者及び機関にはもう少し丁寧な対応をお願いしたいと思います。

        沖縄の感染女性、バッシングでかなり大変なことのようです。アメリカと中国も。

         

        感染した人も、感染したくない人も、売り上げが落ち込む業者も、地域も、かなり神経質になっていますので「自分だけは」といった考えでは社会秩序も崩壊しかねません。

        そうしたことも踏まえて関係機関には丁寧な俊敏な対応をお願いしたいと思います。

        また、

        昨夜は、東京都知事の都市封鎖(ロックダウン)を批判するテレビ放送をしていましたが、すでに原子力事故の町は都市封鎖されています。

         

        「民放報道では若者たちは大丈夫」と報道していますが、その若者のコロナで近所の人が感染したり、最悪亡くなられた場合はかなり後味の悪いものとなります。

        (最悪その場に住めなくなることも)

         

        広島の感染者では、ドラゴンも「大丈夫ですよ、元気ですよ」、と胸をはって営業が出来なくなりました。

        ドラゴン事務所も、この先の経営が心配になります・・・大丈夫でしょうか?チョット不安。。

         

        もう一度書きますが、

        日本の場合、近所地域という集合体で行動していますので、その中で生活するにはそれなりのマナーが必要で、若者が治外法権の場にいるわけではありません。

        ドラゴン

        一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

        てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

        安心に心がけましょう。

        0

          昨日も自閉の息子と阿賀に帰っていました。

          少し雨模様でしたが、広島から山口方面への車は混んでいました。

          片山で少し探し物をして秋掛経由で帰りましたが、亀尾川で狸をみつけ車を止めたのですが、

          最近タヌキ汁になることはありませんが、慣れているのか私のような能天気なのか逃げません。

          さて、

          最近のコロナ情報、テレビ報道や野党さん、活性化活性化とやかましいのですが、コロナが終息しなければザルに水を入れるようなものです。

          インバウンド集客には外国の沈静化も必要ですので、とりあえず山口東部エリアだけでも注意し、近隣需要に心がけましょう。

          個人的にですが、

          いくらお金をもらっても自分の命のほうが大切ですから、大勢人のいる場所に買い物には行きません。

          岩国、大竹、和木、やましろの皆さまが健康であることをお祈りします。

          (ひろしまのフラワーは中止とか)

           

          憎まれ口ばかり書いて申し訳ありませんが、とりあえず今一番重要だと思いますので。

          ドラゴン

          一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

          てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

          安全地帯

          0

            昨日は息子と岩国IC経由(187)で阿賀に帰りました。

            帰り道、錦町で昼ご飯を食べましたが、駐車場(写真)もレストランもいっぱいです。

            そう、

            あちこちから安全地帯(やましろ)を求めてこられたのだと思います。

            いまは、

            販促集客や応対集客ではなく、安全集客が一番の集客であるように思えます。私の住む広島市から出るとき、二号線(西広島バイパス)はすでに混雑状態、帰りに大野町で食事をしたのですが、岩国方面からの車がラッシュ時なみの混雑でした。

            皆さん山口県での一日をエンジョイされたと思います。

            ただ、

            尾道の方が山口県に宿泊されたとか、現在風評被害ということで公表されていませんが、山口県全体が風評被害とならないようにお願いしたいものです。

            明日も自閉の息子と安全地帯阿賀の一軒家に帰る予定です。

            いまはアジサイを植えています。

             

            さて、そのコロナのクラスター(大量発生)ですが、現状では福祉施設、医療施設など一般的に発生してはならない場所での発生、さらに身体を鍛える目的の、スポーツジムや卓球施設で発生していることも注意点です。

            その他にライブハウスや飲食店(夜)です。

             

            ドラゴン

            一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

            てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

            全国都市緑化フェアー

            0

              全国都市緑化フェアー「ひろしまはなのわ」が始まりました。ここは旧広島市民球場、ですから広く他のお客様と少し距離をたもてば大丈夫と思います。

              とうぜん入り口では手の消毒をさせられました。

               

              さて、

              このコロナ騒動、景気回復を急いだほうが良いものか、安全重視で信頼構築を優先するのがいいのか、皆さまどう思います。

              ドラゴンの知人には、

              今はあせらず普段できない場所の掃除、修理などに時間をつかい、コロナ終息と同時に綺麗な清潔な施設でお客様を迎えるようにと指導しています。

              日本の場合、今の対応でいけば5月ごろには何とかなるような感じもするので、たぶん、後者のほうが速く原状回復できると思っています。

              私たちにできることは、かからない用心より、自分が持ち込まない用心を心掛けることです。

              多少我慢もしましょう。

              マスコミは「心配しなくても良い」と言っていましたが、アメリカとカナダも国境封鎖とか?たいへんな状況です。明日は片山の一軒家に帰ります。

              dragon

              一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

              てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

              今の子まじめな普通の子

              0

                津田にドラゴン事務所デザインの案内板が出来ました。こんど津田に行かれたら見てやってください。

                さて、

                テレビ報道での休校、子供たちにインタビューすると、

                「友達に会いたい」「さみしい」「学校に行きたい」

                皆さん素晴らしいお答えでなんともビックリです。

                ドラゴンの場合は、

                「明日から学校はお休みです」と聞けば、

                「やったー、うれしー、バンザイ」小躍りして喜んだと思います。

                片山のドラゴンの家、中途半端なポツンと一軒家です。ですから、友達もいませんので、いつも山で遊んでいました。

                今でも友達はいませんので、

                奥様からは「さみしい人じゃねー」と言われています。

                その代わりに、

                今はいつも重度自閉の息子と一緒です。事務所にはすばらしいスタッフがいます。素晴らしいお客様に逢えます。

                今朝も数少ない友人に「あんたも友達がおらんよのう」と言えば、

                「あのこらーそのいなもんで」というお返事、この友達と会うのも数年に一度です。まあ当分は人の中に出んほうがええかも、です。。。

                20日は息子と片山に帰る予定です。

                子どもたち、

                そんなに退屈なら、山を走れ、木に登れ、草を食え、20年後の量子社会では役立つかも・・・です。(ただし自己責任で)

                ドラゴン

                一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                昼飯の話題

                0

                  知人の食堂で、

                  「学校は休校じゃし、お客は来んし、安倍首相にはなんとかしてほしい」

                  とぼやかれました。

                  私の返事は、

                  「あのねー首相が日本中を戸別訪問して、あんたはこう、貴方はこちら、と言ってあるくことは出来ないの」

                  です。

                  私の以前の仕事は活性化コンサル、ですからこのような場合、将来の糧にできるかどうかはあなた次第と答えます。

                  戦国時代の大名、どんな窮地であっても自分の知恵で乗り越えているのです。

                  さて、

                  休校の貴方のお子様は桶狭間の信長になれそうですか?

                  これから劇的に進化する情報環境、さらに強力になるウイルスなど手ごわい相手になりそうですよ。

                  これは大久野島のウサギです。

                  経済対策に期待しても、人の移動が無いのでお金の還流がありません。テレビ報道ではリーマンショックと比較しますが全く異なるもの、リーマンショックは不動産への過度な投資、それにコンピューター管理される市場が反応してコンピューターの誤作動が主な原因と思えます。

                  が、

                  今回のウイルスは流行性の病、

                  ですから見えない相手と戦っているのです。休校が子供がと目先の対応では終息が長引きます。

                  長引けば長引くほど経済は悪化、もちろん借金が増える貴方の事業も悪化します。

                  つまり、

                  儲けの無い支出過剰型の経営ですから、長くなれば長くなるほど借金が増えるのです。望まれるのは強硬策であっても短期終息です。

                  しかし、社会は自分の都合優先の目先対応です。

                   

                  恐ろしいのはダラダラと継続する借金です。そして、その借金は金融機関融資ですから、金融機関の財務バランスも悪化します。そうした最悪の結果とならないためにも、マスコミには間違いのない報道をお願いしたいものです。

                  最悪の結果となれば、

                  テレビ局数社が破綻かも?事業者に広告のお金が無くなるためです。

                  これは最悪のシナリオ、さてどう踏ん張りますかな。。。

                   

                  馬鹿な学識者は「長期で対応」と言っています。が、病気は免疫力で対応できても、長期では経済が持ちこたえられません。万が一長期となれば最悪大恐慌かも???です。

                  ドラゴン

                  一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                  てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                  犠牲に思うこと

                  0

                    今日は東日本大震災の記念日があったので、東日本大震災の写真を掲載してみます。

                    震災から約一ヶ月後の写真ですが、私の知人からいただいた画像です。犠牲者は約18,000人と聞きます。

                    そして今回のコロナウイルス、これも一つの災害です。が、問題はこれからの状況です。

                    それは自殺者数、

                    イジメ、経済苦、障害者や介護づかれの無理心中など、安倍政権まで年間約30,000人の自殺者がありました。

                    それが安倍政権では約20,000人まで減少していました。

                    しかし、今回のコロナ問題で経済苦自殺者が増える可能性が否定できません。

                    できる限り早い終息が望まれるのですが、たった二週間の休校でさえあれこれ反対意見があるのです。いま、観光業などはギリギリの状態、「心配することは無い」と豪語されていた学識者やマスコミの皆さん、万が一、旧政権の30,000人となれば、年間一万人の死者がでるのです。

                    大問題と思われませんか?

                    ひきかえ、教育現場やマスコミの方が熱心な平和活動、戦後の戦死者数は0、しかし自殺者数は100万人を突破してると思えます。

                    とにかく早い終息を、事業者から下請け孫請け、生活弱者へと連鎖します。

                    その後については、社会への影響も考え書くことをやめます。

                    マスコミでは、

                    リーマンショックと比較されますが、リーマンショックはコンピューターの誤作動が関係していたので、ドラゴンも株投資で儲けさせていただきました。しかし今回のコロナ災害、大不況となれば回復にはかなり長引くことも予想されます。「投資は???です」

                    観光業のお客様もあるドラゴン事務所、必死で頑張りますがどうなるのでしょうか。

                    「お客さまの事業立て直しには一役も二役買いたいと思っています」

                    もう一つ、

                    私がよくいくカフェ(世界規模)では、自社のコロナ状況を詳しくネット公開されています。これは地方行政も見習うべきだと思います。

                    ですから安心して利用しています。

                    ドラゴン

                    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                    白滝山山頂

                    0

                      今日は写真が無いので、以前登った白滝山山頂の風景を載せてみました。

                      岸根集会所から上り、グランドの方へ下りましたが山の高さのわりに厳しい山でした。

                      眺めは最高で下の弥栄ダムが綺麗に見えます。

                       

                      とうとうWHOがパンデミック(世界流行)を宣言しましたので、東京オリンピックも今が正念場ですね。

                      あれこれ言う前に、

                      安倍首相があれだけ頑張られているのですから、しっかり応援しましょう。

                      個人的には、あまりオリンピックに興味はありませんが国の事業ですから。

                       

                      ネットニュースにほぼ封じ込めに勝利感のある中国が、「日本の政策は手ぬるい」と評価しているようですが、連日、マスコミや野党、さらに教育現場の批判があれば強硬策もとりにくいと思います。

                      が、仕事や家族、スタッフなどの安全安定を思えば強硬過ぎるぐらいの策を願いたいものです。

                       

                      学識者やコメンテーターの、「恐れることは無い」と再三報道した馬鹿顔が見たいものです。

                      観光業界など大量倒産まじか、ギリギリ持ちこたえている状況です。

                      「もう少しで壮絶な破産社会がくるかも」です。

                      「二週間の休校は早い」などの意見、馬鹿かと言いたいものです。

                       

                      ドラゴン事務所、今は影響ありませんがどんな不況が来るかと戦々恐々です。マスコミ人はもう少し脳みその活性化をお願いしたいものです。私はどうにかなりますが、私にはスタッフやお客さまを守る義務もありますので、少し厳しいようですが、マスコミ報道のように無責任なことは言えませんから。

                      ドラゴン事務所はたった三人の小さな事務所ですが、子供さんのいるスタッフには4月初めまで有給の出勤停止、何かしなければと、私なりに必死で頑張っています。

                      そうそう、

                      近い将来、教育もAI時代となり、阿賀でもアメリカやドイツの授業が受けられるかも、これには期待しましょう。すでにタブレット授業は始まっています。あれだけイジメが横行する教育現場、AIのほうが良いかも?

                       

                      ドラゴン

                      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                      てくてく日記 | permalink | - | - | - | -