ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

イノシシのねぐら

0

    先日から家の周囲の草刈をしています。

    と同時に、周辺で熊の目撃情報が多いので栗の木を伐採しました。

    ところが、

    その栗の木の下に、イノシシの寝た巣のような場所が四ヶ所見つかりました。

    この穴で栗が落ちるのを待っているのでしょう。

    広島から通う私が彼らに勝てる見込みもないので、あきらめもつきます。

    が、

    今日の話の中で、片山の川に魚が見えないとの噂があるようです。

    片山の川は清流でしたので、ヤマメやハヤなど清流の魚が暮らしていましたが、最近の泥水のためでしょうかその姿が消えているとのことです。

    熊は脅威そのものですが、ハヤ、ヤマメ、ホタルなどは小さい時からの想い出でもあり、私にとっては熊より数倍大切な生き物です。が、生態系が壊れているようです

     

    一応体裁として自然保護は叫ばれていますが、その在り方についてはあまり納得できるものでもありません。

    今後も、私の山では熊のエサとなる木や植物はどんどん伐採しようと思っています。

     

    特に、

    私個人的には、

     

    私の事務所を訪問していただく方、自分の家族やスタッフ、集落で暮らす人の安全が最優先ですし、あの川の泥水と比較すれば、私の伐採など可愛いものです。

    柿の木は全て伐採していますので、

    餌がなくなれば熊も都会移住を決断すると思います。

    そうそう、

    田舎に柿の木が多いのは、柿の木は根が深いので土砂災害防止の役目も担い水田を守っていたのです。同じく根が深い桜が土手に多いのと同じでしょう。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

    島根県吉賀町「彼岸花祭り」

    0

         島根県吉賀町(六日市)彼岸花祭り

          会場入り口の「彼岸花祭り」看板 

             「彼岸花」満開!!

         日本で咲いている「4色彼岸花」

       吉賀町で咲いている桃色の花「名前が分からない

      吉賀町(六日町)彼岸花祭り

      9月25日、暇Gさん吉賀町(六日町)彼岸花祭りに行く、毎年、参加しているので楽しみに参加。別に変わった 事もなく良く管理されている!!写真を撮って帰りブログに入力する。開いてご覧下さい

      tatuemon

      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

      てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

      新しいスタイルに

      0

        社会ではこのコロナ下において、新しい生活スタイルにと言われます。ドラゴン事務所も、たった三人の小さな事務所ですが新しいスタイルが始まりました。

        たった三人ですから、大手企業のテレワークとは手法も考え方も異なりますが、それなりに頑張っています。

        大きく異なることは、

        ドラゴン事務所の考え方は、

        「それぞれが経営者であり、経理であり、営業であり作業員である」と言うものです。この方法は、お互いが強い信頼関係のもとに成り立っていますので、すぐに構築できるというものではありませんが、挑戦してみてください。

        経費は少なくて済みます。

        さらにドラゴン事務所の場合、仕事以外でも助け合います。

        これは昨日の私の写真ですが、もう若くもないので少しぼかしました。

        昨日は佐伯町で打ち合わせがあったので、一緒に来ていたスタッフが写してくれたものです。メタボなお腹が映らないようにと、それなりに工夫しながら写していました。

        今後は、

        田舎の仕事も私なりに楽しもうと考えています。。。この場所はイノシシ、クマ、サルなどの出没が多く、作物(農業)はまったくできませんが、そのうちに新しい楽しみ方も見つかると思いますので少しずつ変化していきます。

        先日も草刈をしていたら、イノシシの巣穴が四か所みつかりました。

         

        今日はまた障害のある息子と帰ります。

        ドラゴン

        一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

        てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

        9月の月

        0

          この写真は数年前の9月に撮った広島の月です。

          場所は祇園大橋の上からです。撮影していると、小学生の子供二人がお母さんと来て大はしゃぎをしていました。

          想い出に残る一枚です。

          現在のコロナ感染者数は、

          山口県の感染者数  5名

          広島県の感染者数 27名

          感染者数がコロコロと変わりますが、それは早くに退院されていることを示す数字です。だいたい2週間でしょうか、コロナ感染の治療法も少し確立されたのでしょう。

          このように医療現場においては日々進歩しているようです。

          が、それにも益して感染者がいることは、感染防止において、政府政策や人々の理解度に少し遅れがあるように思えます。

          政策においては、

          感染状況は示されますが、感染回避の手段としては具体的な情報は示されていません。よく考えれば、たった二週間ですから、その二週間を我慢すれば回避できることなのでしょう。

          さて、

          将来の為に二週間我慢するか、今の二週間を楽しむかにおいてはあなた自身の判断です。それは、「食事に行くな」という事ではなく、食事するときの姿勢ですが、相変わらず大声で自己主張をされている方は少なくありません。

          し、席の配置に工夫しているお店は少ない様に思えます。

          広島県も、

          感染者27人のうち、十数人はそうしたことによるものとも思えます。

          その先にさらに不安定な経済が待っていることを認識しましょう。

           

          6月末からの感染拡大により、とくに8月以降の経済が不安定ですから、GoToを起爆剤にと政府も焦りの様相ですが、私たち一人一人が、7月前半の2週間を浮かれることなく過ごしていたら、今頃もう少し経済も安定していると思えます。

           

          少し落ち着きましょう。

          ドラゴン

          一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

          てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

          草刈の一日

          0

            引っ越しやなんやかや、忙しかった夏も過ぎて気が付けばお彼岸です。

            背丈ほどもある雑草を刈るには一人では無理と感じ、立岩の友人に助けを求めて今日は草刈です。

            早いし綺麗だしドラゴンとはかなり違います。

            道路からの道も綺麗になりました。感謝感謝です。

            これで仕事に気合も入ります。

            そして、

            最近あちこちでクマ出没の話を聞きます。立岩の大型開発の影響があるとも思えますので、栗の木など家の近くの実のなる木も伐採しました。

            私の家の周囲には食べられるものはなくなりましたが、イノシシがミョウガを根こそぎ掘っています。このイノシシの追い出しの手立てを考え中です。

             

            ドラゴンの阿賀サテライトオフィスはこれからが本番、動けるかぎり頑張ります。

            ドラゴン

            一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

            てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

            社会の状況から

            0

              今日のドラゴンは広島です。

              カメラの備品や新しいシステムの構築、片山の家のことなどほぼ一日中心街で用事をしていました。

              その途中の会話ですが、

              これからお店がバタバタと閉店や倒産しそうだと聞きます。先日も大阪から「多くの旅館が瀕死の重傷、この十月が山場ですね」とのお話です。

              確実なものではありませんが、かなり厳しい状況にあることは確かなようです。

              その原因は新型コロナですが、

               

              広島県の感染者11名  死亡累計3名

              山口県の感染者23名  死亡累計1名

              が18日現在の数字です。

               

              意外と少ない数字ですが、これはコロナへの対応が理解され、早期治療が行われている結果でしょう。

               

              東京は蔓延状況のようですが、その中でも東京をGOTOに加えるのは、コロナより破産倒産自殺のほうが怖いからだと考えます。

              つまり、経済政策が八方ふさがり状態の国や自治体、その頼みの綱なのでしょう。

              とは言え、

              地方としては、せっかく落ち着いてきたコロナが再燃焼する可能性もあります。しかし事態は、そうした危険を冒してまで、経済を優先しなければならないほど切迫していると感じます。

              それは、

              最初のコロナ感染での自粛緩和の失敗、政策の緩みだと思います。

               

              特に、

               

              若者たちが街に繰り出しコロナを培養した結果ですが、万が一今後破産倒産ラッシュともなれば、その若者たちの行き場が無くなることも考えましょう。

              現況からすれば、その様相は極めて濃い状態のようです。

              現在の若者は、

              こと細かくかみ砕いて説明しなければ手法が理解できないのです。都知事や政府分科会の「現在第三段階」などのプラカード説明では行動が抑止できません。その意味では情報開示の不足でしょう。

              意外と広島が少ないのは、一次流行期に大学生などが感染拡大させ、現状では大学がピリピリと対応されているためと思えます。

               

              もう一度よく考えましょう。

              コロナウィルスは人間が培養皿なのです

               

              そうした中でのGOTO緩和ですが、地方の対応方法としては、

               

              医療現場において、怪しいと感じた場合即座にPCR検査に、ここを迷えば拡大重症化につながります。また、自分でもおかしいと感じたら即PCR検査に、そうして早く治療を開始すれば早期完治、重症化する危険も回避できます。

               

              一次流行期の重症化患者の多い要因は、ダラダラと検査を引き伸ばしたことに原因があるかも分かりません。

              今後冬に向かい、風邪かコロナか分からない場合も想定できますが、とにかく早く検査をしてください。そして早期発見早期治療それが活性化への近道ともなります。

              ワクチンを待つより、治療法を確立することが早いとも思えますし重要だと思います。早期発見早期治療が確実に行われればそう怖がることも無いように感じています。が、問題は今でも検査が遅れていることです。

               

              ただ東京追加については分科会は賛成でもないようですが、政府の勇み足となるかどうか、それをテレビ報道で煽っているのはテレビ局の事情だと思えます。

              ドラゴン

              一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

              てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

              自分の規範をつくろう

              0

                フランス政府が、

                国民一人一人が注意しなければコロナを終息できない」と言われているようです。

                そうした中で、

                規律に厳しい中国はあの10億を超える人口で一日の感染者は11人とか。。

                このままですと、さらに中国の一人勝ちの様相が濃くなって行きます。もちろんそれでも良いのですが、日本のコロナに関係する多くの事業者は破綻するとの噂も聞きます。

                 

                そんな中でのGOTOトラベルですが、

                一時しのぎ雨宿りにはなりますが、恒久的な経済回復は無理だと思います。現状では、旅をするにも少しためらい度胸も必要です。そのような旅行を何度もするとは思えませんしできません。

                ドラゴンも、仕事があれば東京、大阪、京都、和歌山、九州と飛び回っていましたが、現在では広島県西部と山口県東部以外には行きません。

                そうした状況を改善するには、コロナの抑え込み以外にはありませんが、自分たちが好き勝手に行動していたのでは封じ込めは不可能でしょう。

                 

                GOTOトラベル、カンフル剤の効果があればいいのですが。人間の防御本能を抵抗数値にいれれば、長期回復はやや困難と思えます。

                 

                日本でも外国でも、

                一流の芸能人、一流のスポーツ選手、一流の政治家の感染が少ないのは、自らの行動規範を持たれているからだと思います。

                それぞれ自らを戒められているのです。

                 

                従って、

                コロナ感染者の多くには、この行動規範を持たれていない方々、自由に行動する人たち、自粛解除と同時に街に繰り出し「いま新宿ー、美味しいー」などとインスタグラムやツイッターに投稿する人たち、こうした行動で拡散されたように感じます。

                もちろん自由ですから悪いとは言いません。

                が、

                これからのテレワーク時代において、行動規範の無い事業所、自己規範をお持ちでない人たちは少し敬遠されると思います。

                それは、

                テレワークは管理者のいない自由な仕事場ですから、好き勝手に行動する人が信用されるとは思えません

                私の事務所、

                たった三人だけの本当に小さな事務所ですが、テレワークは順調に滑り出しています。それも、お互いが信頼関係にあり、それぞれが自分の行動規範において自分を守っているからだと思います。

                私の責任は、

                この二人のスタッフを守り抜くという信念です。

                お互いが守り合う、そうした考えが必要とされているようです

                明日の夕方は三人が集まり、15分程度の打ち合わせを行います。もちろんリモートで可能ですが、会うこと、顔を見ることも必要ですから。

                 

                テレビでは報じないことですが、

                本当の弱者、コロナで家を失ったり、職を失ったりする人たち、本当に困っている人たちはGOTOトラベルでは救えないという事実です。国の政策としては、一番重要なことだと思います。

                ドラゴン

                一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                酔芙蓉(すいふよう)

                0

                  写真は酔芙蓉の花です。

                  ドラゴンはこの花の名前が好きで、道端でも咲いているのを見れば車を止めて眺めています。

                  名前の由来は、

                  朝に白く咲き、

                  昼間はピンクに(写真)、

                  夕方には赤紫のように濃い色に変色します。

                  この光景がお酒に酔って赤くなっていく様に見えるので酔芙蓉、なんともイキな名前です。

                   

                  仕事がら日本の色も調べてたりしますが、日本の色にはいろんな名前があって情緒も感じます。

                  そうした丁寧な対応であれば、コロナの拡大も収まると思います。

                  今日は一日廿日市市旧佐伯エリアで仕事をしていました。四軒のお店を訪ねましたが、みなさんに喜んでいただけました。

                  73歳という歳になりましたが、

                  まだまだお客さまに喜んでいただける仕事が出来ていることに大きな喜びを感じる一日でした。

                   

                  現在の実質コロナ感染者数(今日一日のではありません)

                  広島県のコロナ感染者   11人。

                  山口県のコロナ感染者   42人。

                  福岡県のコロナ感染者 472人。

                  だそうです。

                   

                  東京や大阪、街の人々も事業者もGOTOに期待と言う声は聞こえますが、自分たちが終息にどう対応しているかの声が無いのが心配です。

                  テレビ報道でも「コロナと共に」は聞きますが、「コロナを終息させよう」の声は聞こえません。さらに街を歩いても「終息させようのポスター1枚見ることもありません」なにか方向が違うように感じます。

                   

                  ドラゴンの車には、

                  ジェルのアルコール消毒ポンプ、アルコールティッシュ2種類、さらに携帯用アルコール消毒器も持ち歩いています。

                  ドラゴンはそんな感じで常に自分なりの対応策を講じています。

                  それは自分の為ではなく、スタッフやお客さま、家族に対する為のものです。

                  用心に「すぎる」と言うことはありません。

                   

                  明日は息子と阿賀に帰りますが、ドラゴン事務所のテレワークは順調に滑り出しています。

                   

                  追申、

                  フランスでも「個々の注意がなければ感染は止まらない」と言われているようです。また、医療従事者の給与は大幅に上げられたとか聞きます。

                  日本も観光補助も必用と思いますが、その前に医療従事者の待遇を良くしましょう。

                  ドラゴン

                  一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                  てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                  少しずつ元気に

                  0

                    今日は広島市内から二件の見積もり依頼があり、久しぶりに市内に出て見ました。

                    現在のコロナ感染者状況は、

                     

                    山口県感染者53人

                    広島県感染者12人 だそうです。

                     

                    広島市内は、人出も少し回復し賑わっているように見えますが、まだ本格的ではないようです。なかでも、夜営業をされているお店の落ち込みはなかなか回復しないようです。

                     

                    こうした状況の中では、

                    一人集客は不可能だと思います。

                     

                    そのお店独自のプランも必用ですが、大切なことは地域全体で取り組む姿勢だと思います。利用する側としては一軒のお店の対策より、その街全体が安全であるかが大きな条件となります。

                    私自身の行動としても、広島県の感染者が少ないことは大きな営業力となっています。

                     

                    そのコロナ感染を止めるには一人一人の行動、注意力、気配りが一番重要です。テレビ報道では都が、県が、国が、と報じていますが、一人一人の注意力が散漫では政策でコロナを止めることはできません

                     

                    活性化にはその街そのエリアが脱コロナとなること、政策としては・そうしたエリアをつくり出す取り組みを支援する・ことだと思います。

                    従って脱コロナには国としての政策を示すのではなく、地域の政策をこまめにバックアップすることでしょう。安全な地域にはGOTOなどなくてもお客様はあつまります。

                     

                    私がこのブログにコロナを書くのも、個々の注意力を高めたいためなのです。個々の注意力で、少しでもコロナが終息できればかならず活性化すると思います。

                    写真は広島県三次市高谷山からの「霧の海」、この霧の下に三次の街があります。

                    そろそろ霧のシーズンに入りますが、個人的には9月末から10月中旬の霧が綺麗だと思います。

                    少し寒い朝にお出かけください。

                     

                    今日は久しぶりに平和公園で修学旅行生の姿を見ました。

                     

                    以前では何ともなく見慣れた光景でしたが、今では修学旅行生の姿を見ると何か気持ちがほぐれます。

                     

                    それも広島県のコロナ感染者が少ないからだと思います。

                    とりあえずは、

                    その街、その組合、その地域で徹底したコロナ対策を推進されることをおススメいたします。

                     

                    そして私の阿賀の工房ですが、あと少しで形が整います。

                    協力していただいている方々、スタッフにはあらためて感謝感謝です。

                    明日はまた阿賀に帰ります。

                    ドラゴンのテレワークも順調に滑り出しています。

                     

                    テレワークでも、

                    大切なことは仕組みや形ではなく、お互いの信頼関係だと思います。信頼関係がなければ、テレワークは非効率なものとなります。

                    ドラゴン

                    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -

                    ソーシャルディスタンス?

                    0

                      現在のコロナ感染状況

                       

                      山口県実質感染者数 82人

                      広島県実質感染者数 13人

                       

                      山口県は福岡県に近いためか実質感染者は多いようです。

                       

                      そして安倍総理のご辞職、なかなか政界は大変なようでマスコミも賑わっています。

                      その安倍総理、個人的に一番素晴らしいと思うことは「自殺者の減少です」、マスコミでは日々戦争反対、原爆反対などと報道されていますが、日本の自殺者は戦後多分100万人は超えていると思います。

                       

                      最高は小泉政権時代の年間34,000人、その後の民主党政権でも約30,000、それが安倍政権では年間 20,000人近くまで少なくなっていたのです。

                      こうした数字はテレビの報道番組でもあまり報道されません。なぜなら小泉政権を応援したのがテレビ業界などマスコミだからです。

                      人間の命は大変尊いもので、私たちがこの社会に存在できる一度限りの時間です。

                       

                      従って、

                      生きる方も自分にできることをしっかり生きることが大切と思います。

                       

                      私には重度自閉症の息子がいます。すでに37歳を超えていますが、まだ家で面倒をみています。私が会社を辞めて自営に転じたのもそのためです。奥様には大変負担をかけていますが、自営であればなんとか凌げます。

                      体力的には負担になりますが、精神的に負担に感じることはありません。むしろ私の存在する意義が大きく、楽しい人生となっています。

                      それが私に与えられた人生での大きな役目の一つと考えるためです。

                      これはトリック写真ですが、少し遊んでみました。

                      さて、

                      そうした中でのコロナですが、マスコミや政府ではコロナ対策と経済、双方が重要でその舵取りを、などといわれています。

                       

                      が、

                      「二兎追う者は一兎も得ず」

                      で、ダラダラとコロナ感染を繰り返していたのでは経済(社会の仕組み)が壊れます。

                      罰則までつくって対応されているヨーロッパ、

                      「コロナと共に」などと唱える日本、

                      コロナが終息してもあまり信用されないように感じます。

                       

                      倒産、廃業、雇止めなどそのしわ寄せは弱者に向かっています。とくに小泉内閣で誕生した派遣社員の方に、大きな負担弊害がかかることになります。

                      また、

                      テレビ報道で言うようなウィズコロナ(コロナと共に)、30席のレストランが15席の営業で全ての従業員を雇用することは不可能なのです。

                      小学生でも高学年では理解できると思います。

                      政府の文化会の方々やマスコミの方々、

                      そうした数字的に矛盾する仕組みをつくろうとしています。(言葉では理想ですが)

                      もちろん年月をかければ余分ははじき出され、社会の仕組みは自然調整され、経済的になりたつ社会は可能ですが、それではウィズコロナではじき出された方たちが露頭に迷うことになります。(社会がコロナ調整期となり経済苦自殺者が増えます)

                      つまりコロナによる経済調整(デフレ経済)が発生するということになります。

                       

                      若者たちの無秩序な行動、自分たちの将来の扉を閉めることに繋がることを忘れてはいけません。

                       

                      ソーシャルディスタンスでは、その容量の経済しかなりたちません。これはドラゴンの個人的な予想ではなく、正しい社会進化論(需要と供給のバランス)からのものです。

                       

                      現在株価など局単に経済数字が壊れないのは、各国の多額のコロナ資金の拠出があるためだと感じますが、やがて中小零細事業者に影響があると思います。

                       

                      ドラゴン

                      一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

                      てくてく日記 | permalink | - | - | - | -