ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 二ッ野高原へ | main | 尾津の蓮根・阿賀の十七夜祭 >>

阿賀の遺跡「お地蔵様」

0

     「地蔵様」老連「第一和光会」 復元 建立 お祝い式

    「第一和光会」女性会員 綺麗に洗い赤い帽子・涎掛け・座布団

     古いお堂で何十年も愚痴も言わずに地域を守って有難う!!

     新しいお堂に紫色の幕を張り 赤い帽子・涎掛け・座布団で

             市道 岩秋線沿いに

    腫瘍 ( きず ) に効く「 ( かさ ) 地蔵様」は、この地蔵様〜50m奥に安置されています。お詣り下さいます様ご案内致します。

    中山間の限界集落に近い集落でも過去の人達が残した遺跡が残っている。高齢社会で管理が充分でなく氏子・檀家のない遺跡は破損し哀れな遺跡と化している?老連美和『第一和光会』の通常総会で復元しようと決まりる。阿賀下集落の遺跡と言えば先ず 「速田神社の火傷の神様」雲照寺の「知恵を授かる文殊菩薩」郷下の「目の病の水薬師様」郷かみの腫瘍 ( きず ) に効く「 ( かさ ) 地蔵様」昔は近郊から赤ちゃんが生まれると連れて、この四遺跡にお詣りし祈願していた!!先ず「第一和光会員」大勢参加して猛暑のなか汗を流して「地蔵様」の復元作業 キレイに洗い、新しい赤い帽子・涎掛け・座布団で新しいお堂に安置・当「第一和光会長 」雲照寺方丈様がお経をあげ焼香。建立工事完了。末長くお詣り下さい。

    !!拍手拍手拍手

    tatuemon

    人気ブログランキングの応援クリックをお願いし
    ます。

    一日一回必ずここを⇒
    [ポチッとクリック]

    ふるさと通信 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    瘡(かさ)地蔵さんの拝み方、
    このお地蔵さんの上にあるのが瘡地蔵さんですが、道路ができるまでこの上のお墓から古藤さんの横を抜けるのが道でした。
    瘡地蔵さんはその道沿いだったと思います。
    拝み方は、
    「お地蔵さんの前の御鉢でお線香を焚き、その灰を持ち帰って患部に塗る」が正しいお参りのしかただそうです。
    ドラゴン | 2017/07/20 6:38 PM
    ドラゴンさんお参りの仕方よくわかりました、
    airisu | 2017/07/21 2:01 PM
    お地蔵さまのお参りの言葉は、
    「オンカカカビサンマエイソワカ」
    だそうです。
    ドラゴン | 2017/07/24 4:07 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamashiro.fureai-aka.com/trackback/1305424
    この記事に対するトラックバック