ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 体験トップ「和木ハローV」グループ | main | 「阿賀営農組合」通常総会 >>

阿賀の「お烏喰祭」

0

     阿賀 郷 明神屋敷の大鳥居で お烏喰祭の神事

     旧暦のお正月 旧暦の9月9日 おとぐい祭の神事

    厳島神社のお使い、腹の白いカラス飛んで来て厳島神社

    お供えすると言われている宮島では海に浮かべお烏喰祭が行われている

      腹の白いカラス 厳島神社のお使いだろうか?

    阿賀にまつわる明神様の奇祭を紹介します。阿賀の郷に、擁護の神様が安芸・厳島神社より降臨され5931425年昔)早稲を成熟させた事により「速田神社」と称した。厳島神社より僅かな神供米が送り来るようになり、速田神社は市杵島姫明神と同体であるとして厳島の神事に倣って、旧暦の617日を十七祭(現在は82日)夜祭りです。旧暦の正月 元旦と99日「お烏喰神事」が現在も執り行われている。前日 速田神社 の宮司さんがお供え餅の準備 当神社の役員総出で ワラ人形100体・カヤ幣100本作成し旧暦の元旦 明神屋敷の大鳥居の袖柱に供え神事が執り行われる。厳島神社のお使い 腹の白いお烏が飛んで来て喰わえ生ケ峰 当神社の「ご鋒の森」から飛び厳島神社にお供えすると言われている。応永32年593年(今より1425年)昔より続いている奇祭です。速田神社前宮司 故 林俊夫氏より

    宮島 厳島神社のおとぐい祭をネットで検索。御幣と、米の粉を海水で練り団子して海に浮かべ神カラスが厳島神社にお供えする祭事が現在も執り行われている!!

    Tatuemon

    人気ブログランキングの応援クリックをお願いし
    ます。

    一日一回必ずここを⇒
    [ポチッとクリック]

    ふるさと通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamashiro.fureai-aka.com/trackback/1305542
    この記事に対するトラックバック