ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おてもやんの一日 | main | 未来社会へ >>

泥落とし(農休日)

0

     昔の代搔き風景 農機具うまぐわを牛に引せ代搔き

     隣 近所 オバチャン手間替えで昔の田植え風景

    田植え後の休日、また、その祝いのことを、山口県では「どろおとし(泥落とし)」とか「しろみて」などと言います。水田で「どろもぶれ(泥まみれ)」になる重労働を終えた後の、ささやかな楽しみです。
      農作業が機械化される以前は、大勢の「そーとめ(早乙女)」が「てご(手伝い。手助け。)」に出て田植えをしていました。「てご」の労働力はしばしば「てまがえ・てまがぇー」という方法によって集められました。これは、お互いに仕事を手伝って労働を交換し合うことを言い、集落における労働力補充と共同体としての認識・秩序を維持するための生活の知恵だったのです。このことに似たシステムとして、用具などの物を共有にする「もやい・もやぇー」という慣習もありました。「もやい」の動詞は「もやう」です。「てまがえ」や「もやい」の慣習は、農業が機械化された現在でも一部に残っています。
      しかし農村の急激な変化により、古くからの「どろおとし」「しろみて」の行事は今日では殆ど廃れてしまいました。かつてはあちこちの家で見られた、「いぎのはだんご」と呼ばれる(サルトリイバラ)の葉で包んだ餅を作って食べる習わしも、今では珍しいことになっています。

    Tatuemon

    人気ブログランキングの応援クリックをお願いし
    ます。

    一日一回必ずここを⇒
    [ポチッとクリック]

    ふるさと通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamashiro.fureai-aka.com/trackback/1305615
    この記事に対するトラックバック