ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 一人芝居 | main | 美和町阿賀、人口戸数推移 >>

岩国民族芸能まつり

0

     「小糠踊り」は 岩国の殿様が庶民の「盆踊り」として広める

        岩国太鼓 岩国の活性化に昭和58年

     」   岩国青年会議所が興した 「岩国太鼓」

    北河内 行波の神舞 7年に一回 来年の4月7日執り行われる

     本郷町「山代神楽保存会」演じた「大江山」よー舞うのー!!

        錦町 「上沼沼田神楽保存会」「八岐大蛇」

        八岐大蛇5匹 退治 須佐之男命と対決 頑張れ!!

     圧巻 「上沼田神楽保存会」の八岐大蛇 熱演!!に感動!!

    「平成30年岩国民族芸能まつり」が826日 美和町文化会館「ハーモニーみわ」で「岩国民族芸能まつり実行委員会」主催で開催される。やましろ神楽の幟がたち自動車がいっぱい駐車している。入場する。開演している。錦帯橋が建設以前1673年)より踊られている「小糠踊り」出演者約60人プログラム4番目「岩国太鼓」昭和58年岩国青年会議所が提唱・発足、新しい郷土芸能です。5番目「行波の神舞」当地で146年昔 奉納し7年に一回奉納され昭和542月国の重要無形文化財に指定されている。6番目に美和町を代表して東谷神楽保存会の「五郎の王子」西畑 大元神社に明治以降活動が一時途絶えていたが平成12年、残された 衣装を修復を重ね40年ぶりに「東谷神楽保存会」として活動している。9番目に「山代神楽本谷保存会」は280年昔始まったと言われています。地元の氏神様の奉納神楽は一度も休むことなく今でも舞続けられています。10番目トリを演じた「上沼田神楽団」は享保21717年)以前 今から301年昔 神楽団結成され 幸せを求め、災いを防ぐ神楽とし、近隣の神社に奉納し古くから地区住民の心を和ましている。当日の出演者160人 観客 約500人を魅了された!!      

    Tatuemo

     人気ブログランキングの応援クリックをお願いし年
    ます。

    一日一回必ずここを⇒
    [ポチッとクリック]

    キャンプ合宿情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamashiro.fureai-aka.com/trackback/1305658
    この記事に対するトラックバック