ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 令和弐年大晦日〜正月 | main | 春の七草 >>

石見 初詣 視察旅行

0

    島根県益田市「柿の本人麻呂神社」初詣

              浜田漁港 大橋 

     

           荒磯レストラン海岸

     

                    水仙公園 看板

     

                        水仙公園 風景 

                      広い水仙公園 

        日原 島根県一番の楠(国 天然記念物)

    昔この辺りは畑村と呼ばれ、この場所には村の鎮守、大元神社がありました。楠木はその御神木して祀られて郷の人々に長い間 敬われて来ました。大元神社はかって境内に本殿・拝殿・神楽殿がありましたが明治44年に三渡八幡宮と合併し楠木だけ残りました。この大楠木の存在は世間に広く知られるようになりました。樟脳製造業者がこの楠木の譲渡を強く申入れましたが当所の新生会は強く反対し島根県に天然記念物の仮指定を申請しました。昭和14年県の天然記念物仮指定・昭和18年8月・国の天然記念物に指定され現在に至っています。この木は景観にも優れ広く知られ文化財的 価値は高く有名です。樹齢 約550年樹高 約33m ・根周り約12.5mの巨樹です。 

    島根県一番の楠の由緒

    今年の正月は雪も降らず最高の天候に恵まれ恒例の正月初詣 見て歩き西島根へ倅の車で10時出発、国道186号線〜国道9号線を走り益田市「柿の本人麻呂神社」に車椅子で参拝 いい歳であります様に祈願する。大勢の初詣で一杯。昼食時間だが一般食堂 休業?有名な「荒磯館」休み 石見漁港のレストラン 廃業 道の駅 超満員 ダメ?何とかレストランを見つけ「石見海鮮料理」をご馳走になる。方々の「道の駅」でトイレ休憩しながら日原に到着、巨木好きのGさん、何回見た「島根県一番」の楠の写真を撮るこれが最後だろう。夕方 子供・孫で5人集まり再 新年会 楽しい正月 でした

    tatumon

                 


     

     

     

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    - | permalink | - | - | - | -