ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山口市も広島市にもコロナがでました。 | main | コロナ健康情報 >>

気を引き締めてコロナ対応を

0

    テレビ報道番組では「恐れることはない、若者は大丈夫」などと非常に楽観視した報道をしていますが。

    アメリカの感染者、イタリアの感染者、中国の感染者は各国ともすでに8万人を越えました。

    死者もかなりの数になることが予測されます。

    それは、

    この数字になれば医療環境が崩壊するためです。コロナには薬が無いので、重症化した患者の救いは人口呼吸器だけですが、人工呼吸器は非常に数が少ないのです。

    そのため、多くの重症患者は傍で見ているだけとなります。

    大変恐ろしいことですが、民放報道では繰り返し「恐れることはない」と報道し、コロナ終息より経済対策ばかりを報道しています。

    東京都知事も、

    安倍首相も、大変真剣に取り組まれているのですが、民放と野党議員が邪魔をされているようにしか思えません。

    例えば、

    いま経済政策を打ち出されても、ザルにお酒(税金)を注ぐようなもの、高速道路を無料化されてもコロナには来てほしくないが本音です。たとえ消費税が0になったとしても、コロナの危険がある場所には買い物にも食事にも行きません。

    とりあえずは、

    この時期の経済対策としては倒産防止、コロナ終息後には早い時期に立ち直れるように頑張りましょう。政府にはその応援をしていただきたいと願います。私たちはクラスター(バラまき)とならないように心掛けましょう。

     

    少し強行でも早い時期のコロナ終息が望まれます。教育現場もあせりがあるようですが、山代地域も高齢者の多い地域ですから用心の上に用心が必要です。

    いつまでも、ご高齢(私も)の方の素敵な笑顔が見られるように気を引き締めて対応しましょう。

    私の母親も今年の7月で99歳となります。

    いまコロナなんかで死なすわけにはいきません。

    イタリアの北部など、コロナが収まったとしても、お年寄りの顔が消え寂しい町となっていると思います。

    とにかく、民放の報道番組には軽はずみな言動は控えていただきたいと願います。

    若者も自分だけではなく、日本には日本のルール、その地方には地方の秩序があるのです。細心の注意をして、その上での感染は仕方ないとしても、自分の注意不足(不注意)で誰かが亡くなれば、自分の社会性も失うことになりかねます。

     

    阿賀ふれあいセンターも一日も早くコロナが終息し、皆さまの笑顔が見たいとお持ちしております。

    ドラゴンの毒舌も早くコロナを終息させるためとご理解ください。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -