ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 中国地方の有名桜 | main | 片山名物の沼田場 >>

コロナが忍び寄っています。

0

    あまり歓迎はしませんがコロナが近づいています。

    周南方面の感染者が和木町に来られていたとか、聴いた話なので定かではありませんが注意してください。

    さらに、

    今回の緊急事態、自宅待機の要請ですが休みを利用して帰省するとか、疎開行為もあまりよいとは思えません。

    子どもが帰るといっても「帰るな」と阻止してください。

    広島県三次市、感染者は80歳の女性だそうですが、指定区域の親せきが訪ねられたことによるもののようです。こうした場合、親戚関係にもヒビが入ります。

     

    大切なことは、

    テレビで報道しているような「自分や家族を守る」ことより、「他人を守る他人にうつさない」とする考えです。テレビ放送のように綺麗ごとでは終息できません。

     

    さて、コロナウイルスでは国民の命より経済、と、まるでクラスター班の実験台のような学識者の舵取りが続きますが、万が一の場合どう責任を取られるのでしょうか?命ですから。。

     

    重症化すれば命が危ない菌(ウィルス)ですので、間接的に他人の命を奪う可能性を想定して行動しましょう。

    厳しいようですが、私達一人一人の心構えしか終息の方法が無いのです。テレビ報道では、「政府が政府が」と言いますが、政府にできることは、お金を配るか(税金)か右向け右の号令くらいです。いくら大臣が頑張られても、コロナが終息しないかぎり経済が立ち直ることはありません。西村さんはどうなのでしょう???

    命の惜しい人は外出しないように、そのほうが節約もできます。

    写真は周防大島の「五条の桜」です。遠くに見える島が「ダッシュ島」そこは愛媛県です。

    五条の桜は「サザンセト片添ヶ浜」よりすぐです。

    そしてサザンセトとは、

    大畠、周防大島、柳井、平生に囲まれた湾を地元の人は瀬戸と呼びます。ですから、南の瀬戸、つまりサザンセトとなっているのです。

     

    現在ドラゴンも「営業活動は電話のみ」と自粛しています。小さな事務所ですから維持は大変ですが、できるかぎり人との接触を回避しています。それがお互いを守ることにつながると考えるためです。

    大切なお客様、大切な故郷、大切な家族のためにも外出は控えます。

     

     

    大都市に行ったり、夜の店にいったり、ゴルフに行ったり、旅行に行ったり、同窓会に参加したりと活動的な人たちですが、お土産としてコロナ菌を持っていったり持ち帰ったりしています。

    絶対に大都市には行かないように、また来ないでください。帰らないでください。高齢者の命が、貴方のせいで短くならないように行動してください。お店の経営や勉強より命を守りましょう。命があれば楽しいことは沢山あります。

    私の場合、「塩のおむすびを持って山にいくだけ」でも楽しいと感じます。

     

    本人は満足でも、

    会社や大学やお店の信用を失墜させます。それはその業界にも影響しますので、現時点での行動は威張れるものではありません。尾道市もフィリピン帰りの感染者がいなければ、お花見でにぎわう季節なのですが?

    感染が水を差す形となりました。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -