ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 韓国・コロナ収束が圧勝 | main | 馬鹿遊び感染とは・・・なんとも >>

空気の流れ

0

    ドラゴンの田舎、片山の一軒家にも遅い水仙が咲きだしています。

    さて今日は空気の流れについて説明します。

    いわゆる換気ですが、空気は気圧が高い方から低い方へと流れます。つまり、流出と流入のバランスで空気に流れができます。

    テレビで見る限り、

    カウンターの上にビニールの壁をつくられていますが、それ以上に大切なことは空気の流れです。

    例えば、

    天井空調が近くにあった場合、感染者がくしゃみなどされると飛沫を空調機が吸い込み拡散させます。ライブハウスなどの感染です。

    一方、

    危ないと思われるパチンコ店、天井が高いこと、喫煙者のために換気が整備されていることでクラスターが抑えられているように思えます。

    そうしたことから、感染者側をマイナス気圧に、対応側をプラス気圧に設定、また、感染者周囲の空気がすばやく外に放出できる環境を整えること。

    こうした空気の流れをつくれば、感染対策に一定の効果があると思えます。

    お節介ですが、

    検査(採取)には牛馬用の長い手袋がいいかも?です。。

     

     

    追申、

    広島の馬鹿大学の学生のいたコロナのパン屋さん、前を通りましたが、今日から再開とは言うもののお客さんは0人です。こうなると、お店も死活問題「馬鹿行動をする若者は早めに解雇したほうが安全かな」と思いながら見ていました。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -