ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 続々とコロナ情報 | main | 分岐点・数字の実態 >>

それぞれのコロナ

0

    今日も自閉の息子と二人で片山に帰っていました。ポツンと一軒家に近いドラゴンの家、ここが一番安全です。が、最近近隣で熊の目撃情報もあり、10年以上育てた栗の木を切ろうと考えています。

    たぶん、大きな工事が行われており棲家を追いやられてのことだと思いますので、熊も被害者と言えば被害者です。

     

    さて、今日のお題は「それぞれのコロナ」

     

    国、県、市町村、我が身、とそれぞれの事情でコロナに対する考えが違います。国は大規模事業者をを中心に考えるでしょうし、県は市町村を、市町村は故郷を、それに政治とか実力者とかのしがらみで、なかなか私たち個人の対応には目が届かないようです。

    ですから、街頭インタビューでも「国が県が」などの言葉が聞かれます。しかし、現実問題として自分の身は自分で守る以外に手出てはありません。

    西村大臣の言われる「医療は逼迫していない」は、はるか東京の出来事、それも一部の環境でしょう。私たちは自分の身の回りを把握し、その身の丈にあった行動が求められます。ただその個人たちは国の指示待ち状態ですが、待っていても何も出て来ないと思います。

     

    これは6月に挿し木にした錦町のヤマザクラです。

    6本芽が出て来ました。

    これは、ソメイヨシノより10日くらい早く開花しますので、地域活性化になればと挿し木にしてみました。今回のコロナ、こうした「自分たちの周辺を固める」という手段を徹底すれば、商店街の活性化も夢ではないように思います。必要なものだけを買って生活をする。生き方として綺麗な感じですね。

     

    ドラゴンは、歓迎されない旅行にいくより近場で楽しんでいます。

     

    7月26日の感染者累計

    山口県感染者 49人

    広島県感染者 261人

    岡山県感染者 60人だそうです。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -