ふれあいブログクラブ

岩国市美和町阿賀、高齢化の進む故郷を活性化しようと奮闘する高齢者のブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「トビイロウンカ」大被害 | main | 山口県出身8人総理大臣出身郷土の誇り >>

少しずつ元気に

0

    今日は広島市内から二件の見積もり依頼があり、久しぶりに市内に出て見ました。

    現在のコロナ感染者状況は、

     

    山口県感染者53人

    広島県感染者12人 だそうです。

     

    広島市内は、人出も少し回復し賑わっているように見えますが、まだ本格的ではないようです。なかでも、夜営業をされているお店の落ち込みはなかなか回復しないようです。

     

    こうした状況の中では、

    一人集客は不可能だと思います。

     

    そのお店独自のプランも必用ですが、大切なことは地域全体で取り組む姿勢だと思います。利用する側としては一軒のお店の対策より、その街全体が安全であるかが大きな条件となります。

    私自身の行動としても、広島県の感染者が少ないことは大きな営業力となっています。

     

    そのコロナ感染を止めるには一人一人の行動、注意力、気配りが一番重要です。テレビ報道では都が、県が、国が、と報じていますが、一人一人の注意力が散漫では政策でコロナを止めることはできません

     

    活性化にはその街そのエリアが脱コロナとなること、政策としては・そうしたエリアをつくり出す取り組みを支援する・ことだと思います。

    従って脱コロナには国としての政策を示すのではなく、地域の政策をこまめにバックアップすることでしょう。安全な地域にはGOTOなどなくてもお客様はあつまります。

     

    私がこのブログにコロナを書くのも、個々の注意力を高めたいためなのです。個々の注意力で、少しでもコロナが終息できればかならず活性化すると思います。

    写真は広島県三次市高谷山からの「霧の海」、この霧の下に三次の街があります。

    そろそろ霧のシーズンに入りますが、個人的には9月末から10月中旬の霧が綺麗だと思います。

    少し寒い朝にお出かけください。

     

    今日は久しぶりに平和公園で修学旅行生の姿を見ました。

     

    以前では何ともなく見慣れた光景でしたが、今では修学旅行生の姿を見ると何か気持ちがほぐれます。

     

    それも広島県のコロナ感染者が少ないからだと思います。

    とりあえずは、

    その街、その組合、その地域で徹底したコロナ対策を推進されることをおススメいたします。

     

    そして私の阿賀の工房ですが、あと少しで形が整います。

    協力していただいている方々、スタッフにはあらためて感謝感謝です。

    明日はまた阿賀に帰ります。

    ドラゴンのテレワークも順調に滑り出しています。

     

    テレワークでも、

    大切なことは仕組みや形ではなく、お互いの信頼関係だと思います。信頼関係がなければ、テレワークは非効率なものとなります。

    ドラゴン

    一日一回必ずここを⇒[ポチッとクリック]

    てくてく日記 | permalink | - | - | - | -